精神科配属が多い男性看護師

精神科配属が多い男性看護師

男性の看護師は精神科の配属になることが多い傾向があります。
男性だからといって、絶対に精神科勤務になるというわけではありませんが、女性よりも力があるという理由から、精神科で必要とされるためです。

 

力を使うときとは患者さんが暴れた場合で、看護師が押さえ込みます。
精神科で疾患を診断された患者さんは、性別に関係なく暴れたときは強い力が出るものです。
普段は一見か弱そうな女性であっても、驚くほどのパワーで暴れることがあります。
精神科では1日中患者さんが暴れまわっているというわけではありませんけれど、もしもとのきには男性の看護師がいると、他の患者さんを傷つけてしまうなどの危険を防ぐことにつながるのです。

 

精神科には女性の看護師が全くいないということはありませんし、精神科配属を希望する看護師が女性でも、あきらめる必要はありません。
本人や周囲が傷を負うことになったり、命に影響するような事態にならないよう、力がある人が求められているという意味です。

 

精神科以外の科に勤務することになっても、力がいる業務で男性看護師が頼られることが多そうです。
男性という理由で、力仕事ばかりさせられるわけではもちろんありません。
例えば患者さんが男性で、女性の看護師より男性同士の方が気を遣わないのでありがたいという要望もありますから、将来的にますます必要とされることでしょう。

 

肉体的には大変でしょうけれど、職場で必要とされているというのは、やりがいにつながるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ